♪お燐の質問コ~ナ~♪ お燐が(勝手に)どうでもいい質問をしちゃうよ。お便り待ってます< 好きな猫は?  < ペルシャ猫 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二章 「泥棒と姫と宝と」

と言うわけで第二話です。
 これは自分がどんな内容だったかを思い起こすためである日記でもあります。

 最初に。
 ネタばれ的要素も含まれているので読むのは自己責任ということで。
 内容がところどころおかしいのは仕様です。
 途中まで読んだけど疲れたんでと言う人はカエルでセーブを。
 
 では始まり~


 
始まりはタツマイリ村の隅のほうにある泥棒を職とする家。
 
 「時が来た!!」
 その言葉を言ったのは、老人のウェスだった。
 ダスターはびっくりしながらも耳を傾けた。
 「出来ればこの時は来てほしくなかったが来てしまった。」
 ダスターはまだ状況が分からない。

 「ダスターよ!!いきなりだが今日から泥棒職を再開することにする。」
 ダスターはびっくりした。だが理由もなんとなくだが分かった。
 続けてウェスは話す。
 「おまえにこれからひとつ試練を与える。村から来たの位置に存在する、オソヘ城からあるものをとって来い。」
 
 といってもあるものじゃ分からんなあ・・・と言う様な表情をすると(どういう表情だ?)
 「泥棒がモノの価値を分からないとは半人前じゃ!!まあ、しかしひとつヒントをやろう。それは・・・ビッカビカなものじゃ!!これ以上は言わん。」と言った。
 ビッカビカなものか・・・トイレ?とかくだらないことを思っていると、

 「ダスター。下の部屋に泥棒7つ道具が置いてある。それをもっていけ。いや、7つもあったかな?
 まあいいや、いけ!!それはよいけ!!」
 と言われたので泥棒7つ道具をとってオソへ城に向かうたびに出た。
 7つ道具と言ってたが5つしかなかった。あっ自分が持ってたのを入れて6つだ。
 あの爺さん適当に言ったな。

 町からオソへ城に向かう途中、行商人らしき人にぶつかった。
 相手は謝ってきた。まあ、それはどうでもいいのだが、一緒にいたサルが何か悲しい目でこっちを見てきたような見てこなかったような気がした。

 さらに上に行くと村人のブッチがいた。
 「何してるんだ?」そう問いかけるとブッチは即座に何かを隠した。
 「まあ一人ぐらいいいか・・・」というと隠したものを出した。
 「これは”金(かね)”というものらしい。おいらの牛と交換したんだ。なんか高価っぽいからさ。
 これを町の井戸に隠そうと思ってる。誰にも言うなよ。」
 とのこと。このときはあんなことになるとは思わなかった。・・・どんなことだ?

 城に行くには墓場を通る必要がある。
 「今は夜だし、怖いなあ・・・」と言ってると地面が少し揺れた。
 「何だ!?」振り向くとそこにはいわゆるゾンビがいた。
 「しまった!!囲まれた!!」いつのまにか囲まれている。
 こうなったら・・・

 泥棒7つ道具の一つ「けむりだま」だ!!
 けむりだまを地面にたたきつけると煙が周囲に拡散した。
 ゾンビの目に煙が入りゾンビはたまらなくなり泣き出した。
 その隙に逃げるダスターであった。


 ⑨:ゾンビって泣くの?
 A:泣きます。誰がなんと言おうとも。

 
オソへ城には普通に行こうとしても橋が降りていないで行くことができない。
 ウェスの話だと老人が知ってるとかいってた。
 そのとおり老人を見つけ、その後をついていくとなんと地下通路があった。
 地下通路からでると、そこにはオソへ城が聳え立っているのであった。
 けど扉が閉まっていて入れない。だがそこは泥棒術の出番。
 カベホチを使い、無事不法侵入に成功するのであった。

 城にはさまざまな仕掛けがあった。そして化け物もたくさんいた。
 道がないがために像を破壊して無理やり作ったり、変なガスが入っている箱を開けたりした。
 お化けを倒すと腐ったエクレアを落としたりもした。食ったら腹壊した。
 さらにはお化けの行商人?にもであった。商品は腐ったエクレアとの物々交換らしい。
 お化けを倒しまくったので腐ったエクレアは腐るほど持っていた。いや、腐ってるけど。
 「いま、大人気のヒモへびはいかがかね?今ならなんと、腐レア一個と交換だ!!」
 とのことなので交換することにした。こっちのほうがうまそうだ。

ひも

 

 ⑨:お化けってどうやって倒すの?どこにエクレアを隠し持ってたの?
 A:K☆I☆A☆I。隠してた場所ってあっこだよあっこ。

 
上の階に進んでいくと何やら人の気配がした。
 しかし誰もいなかった。気のせいだったのだろうか?
 そう思うと床に何やら光るものがあった。
 拾ってみるとペンダントだった。何かの力を感じる。だが何かは分からない。人間だもの。

 さらに億のほうに進むと何処からか音楽が流れてきた。
 「誰か合奏でもしているのか?どうやらあっちの部屋からするみたいだぞ」
 そこのドアを開けると・・・

 次回に続く。


 文章を真ん中よりにしてみました。正直見やすくなったのかどうかわかりませんね。
スポンサーサイト

theme : ゲームプレイ日記
genre : ゲーム

comment

Secret

プロフィール

アッシュネコ

Author:アッシュネコ
どうも、アッシュネコです!!
アネコでもいいです!!


自己紹介的なもの

現在
何をしたいのか本気で考えてる

趣味
・昼寝 
・ゲーム(主に 東方、テイルズ)
・絵描き 

好きな動物
あざらし ねこ  かぴばら

質問とかコメントをくれたらうれしいです。

相互リンクも大歓迎です。
気軽にいってください。泣きます。

そーなのかー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク集
サークル、ブログ名はバナーの下です。
上海アリス幻樂団
東方椰麟祭
ガストゲームズ
サポーターズリンク「マナケミア・アルトネリコ2」
公式サイトはこちらへ 株式会社ガスト
岸田教団
(PSVITA)不思議の幻想郷-THE TOWER OF DESIRE-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。